花言葉 一覧

「花言葉」って聞くとどんなことを思い浮かべますか?
ロマンティックだなと思う人がいれば、
疑わしいと思う人もいるかもしれません。
人によってイメージは違いますよね。そもそも花言葉とは、
意味を含ませてさまざまな花に与えられる言葉のことを言います。
花言葉は色んな理由でつけられているのですが、
ギリシャ神話や伝説などのエピソードからつけられているものも多いそうです。

そんな花言葉ですが、信じる人と信じない人がいるので
占い的要素があるようです。
でも花束などをもらった時に、ついつい花言葉を調べてみちゃった
という人もいるのではないでしょうか。
大切な人からもらった花は余計気になりますよね。
知っていて損はないのではないですよね!

また普段何気なく見ている道端に咲いている花にも
花言葉がついているんです。
それを知っているだけで一歩上のライフスタイルを送れるような気もします♪

また、贈る人に合った花言葉の花をメッセージとともに
プレゼントしてみるのもいいかもしれません。
より気持ちが伝わりやすくなるのではないでしょうか!

それぞれの花にどのような花言葉がついているのか気になってきませんか?
花言葉を知って家族や友達や恋人など大事な人に、
花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ

花言葉の起源

花には、それぞれ花言葉があります。それでは、花言葉は一体だれがどのような目的で付けたのでしょうか?花言葉を考えて花を贈ったことがある、という方もいらっしゃるかと思いますが、その起源について考えたことはあるでしょうか?ここでは、花言葉がどのように生まれたのかを紹介させていただこうと思います。

花言葉の起源には様々な説がありますが、最初に作られたのは17世紀のトルコだと言われています。当時のトルコでは、言葉や文字で贈り物をするのではなく、特定の花に思いを託して恋人などにプレゼントをする習慣があったと言われており、それがその後ヨーロッパに広がっていきました。そして、ヨーロッパ各国では、その花の持つイメージをもとにオリジナルの花言葉が完成したというわけです。

花言葉が具現化されたのは、イギリスのイスタンブール大使夫人が花言葉文化として本を出版したからだとされています。また、フランスでは悪評や批判、その反対の好意や親愛などを、植物や花に例えてポエムにするという文化が流行りました。当時のフランス女性が出版した花の言葉という本がフランスでもブームになり、花言葉が一般的になりました。

そのようなヨーロッパでのブームが日本にも入ってきて、現代もひそかに花言葉が使われています。日本に花言葉が入ってきたのは、明治時代初期だと言われています。その当時は、持ち込まれた花言葉をそのまま利用していたようですが、ヨーロッパと日本とではもともとの文化背景や歴史、風習などが違いますので、その後は日本独自の花言葉を形成してきたようです。

実際に、それぞれの国の神話や伝説などから生まれた花言葉もありますし、宗教的なベースが加わって作られた花言葉も存在します。そのため、国によって同じ花であっても全く違った意味を持つことがあります。日本では野菜にも花が咲きますので、当然野菜にも花言葉があるといった具合に、花言葉には各国独自の文化があるのです。

 

感謝を表す花言葉

誰かに感謝の気持ちを伝えたいけどなかなか言葉に出して言えない、という方は多いのではないかと思います。そんなときには、感謝の気持ちを表す花を贈ってみるのもよいのではないでしょうか?感謝のを表す花はたくさんありますが、一般的にはダリアが最も良いと言われています。

ダリアと一言で言っても、実に様々な種類のものが存在します。相手の好きな色やその日の気分などによって贈るダリアを決めるのもよいかと思います。しかし、ダリアの中でも感謝の花言葉を持つのは白色のものです。白のダリアを束にして贈るのもよいかと思いますが、他の色の様々な花と組み合わせて贈るのもきれいなのではないでしょうか?

例えば、カンパニュラにも、「親切にありがとう」といった意味があります。カンパニュラは別名ベルフラワーと呼ばれており、薄紫のベルのような形をしています。白のダリアともよく合う花になりますので、組み合わせて贈ると感謝の気持ちが伝えられるのとともに、色鮮やかな花束になるのではないかと思います。

また、贈り物として人気の高いバラですが、ダークピンクのバラは「感謝」という花言葉を持っています。様々な時に贈り物として利用できますし、バラが一輪あるだけで贈り物が豪華な印象に変わります。恋人への贈り物であれば、「愛情」や「情熱」という意味を持つ赤いバラと一緒に、友人に贈るのであれば「友情」の意味も持つ黄色のバラと組み合わせて贈ってみるのもよいのではないでしょうか?

 

愛を伝える花言葉

愛しい人に花を贈りたい、と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?例えばヨーロッパなどでは、恋人に花を贈ったりすることも多いようですが、日本では、恥ずかしかったりどんな花を贈ったらいいのかわからないといった理由から、特別な日にしか花を贈らない方が多いのではないかと思います。しかし、やはり恋人や好きな人に花を贈りたいと考えていらっしゃる方も多いでしょう。

それでは、恋愛に関する花には、どのようなものがあるのでしょうか?花言葉にもさまざまなものがありますし、同じ花でも色によって全く違う花言葉を持つことも多いです。単純に愛情の花言葉を持つ花は、赤いバラやカーネーション、胡蝶蘭やガーベラ、サボテン、キクなどが有名なのではないかと思います。

赤いバラには、「愛情」「あなたを愛しています」「情熱」「熱烈な恋」などの意味があります。バラ全般に「愛」という花言葉があるのですが、例えば白いバラになると「深い尊敬」「私はあなたにふさわしい」など、黄色のバラになると「友情」「嫉妬」「愛情の薄らぎ」などの意味があります。

カーネーションは、全般的に「無垢で深い愛」という花言葉を持っています。しかし、その中でも白のカーネーションは「純粋な愛」「私の愛は生きています」といった花言葉を、ピンクのカーネーションは「熱愛」「女性の愛」などと言った花言葉を持っています。

胡蝶蘭には、「純粋な愛」「幸福が飛んでくる」といった花言葉を持っています。同じ胡蝶蘭の中でも、ピンク色のものになると「あなたを愛しています」という意味が込められます。そのため、胡蝶蘭を贈る際には白とピンクのものを混ぜてみると見た目も美しいですし、様々な意味を込めることができると思います。

サボテンは、全般的に「枯れない愛」「燃える心」「暖かい心」「偉大」といった花言葉を持っています。日本ではなかなかなじみの低い植物かもしれませんが、サボテンを贈ることによって自分の愛は枯れないということを相手に伝えることができるのではないでしょうか?

キクは、全般的に見ると「高尚」「高貴」「高潔」といった花言葉を持っています。しかし、赤いキクには「あなたを愛しています」という花言葉があります。反対に、黄色いキクには「破れた恋」という意味が込められますので、キクを贈る際には注意するようにしてください。参考)花図鑑

「愛」の意味を持つ花はまだまだたくさんありますが、代表的な花を紹介させていただきました。1つの花を束にして贈るのもよいかと思いますが、様々な花を組み合わせて贈るのも、個人のセンスが出る分気持ちが伝わりやすいのではないでしょうか?

悲しみの気持ちを表す花

花言葉には、愛情や友情、希望といったポジティブな意味を持つものも多いですが、反対にネガティブな意味を持つ花言葉もたくさんあります。今回は、その中でも悲しいという気持ちを表す花言葉を紹介させていただきます。例えば、キンセンカやマリーゴールド、ムスカリ、エリカ、ヒヤシンスなどがそれに当たります。

キンセンカには、「別れの悲しみ」という花言葉があります。キンセンカは花が黄金色ですが、黄色系の花には実際にネガティブなイメージを持つ花言葉がつけられることが多いです。ぱっと見た感じでは黄色くて明るい印象を持つキンセンカですが、「別れの悲しみ」「悲嘆」といった意味はギリシャ神話からつけられたと言われています。

マリーゴールドには、「悲しみ」という意味の他に、「絶望」「嫉妬」といったネガティブなイメージを持つ花言葉がつけられています。花名自体は、聖母マリアの黄金の花といった良さそうな印象ですが、花言葉は良くないため贈り物には向いていないと言われています。しかし、黄色のマリーゴールドは「健康」、オレンジのマリーゴールドには「予言」といった意味もあります。

ムスカリには、「失望」「失意」といった花言葉があります。ムスカリは英語でグレープヒヤシンスと呼ばれているだけあって、青紫のブドウのような花を咲かせます。紫色は悲しみの花言葉のシンボル的な存在であり、ムスカリも他の紫色の花同様悲しいイメージを持つ花言葉がつけられています。

エリカには、「博愛」「良い言葉」といった花言葉がある一方で、「孤独」「寂しさ」という意味を持つ花言葉も込められています。もともとエリカは風の強い荒野で自生していた花だったため、そのイメージから「孤独」「寂しさ」といった花言葉がつけられたと言われています。

ヒヤシンス全般の花言葉には、「悲しみを超えた愛」「スポーツ」「ゲーム」「遊び」といった意味がありますが、紫のヒヤシンスには「悲しみ」「悲哀」「初恋のひたむきさ」などと言ったネガティブなイメージを持つ花言葉があります。

悲しみの花言葉を持つ花はまだまだたくさんありますが、代表的な花を紹介させていただきました。花言葉だけを意識して花を贈るという方もいらっしゃるかもしれませんが、単純に好きな花を贈るのもよいかと思います。逆に花言葉を意識しすぎると楽しく花を選べなくなってしまいますので、そのあたりにも気を付けて花言葉を勉強していきましょう。

結婚にふさわしい花

結婚をする際には、相手に花を贈るという方も多いのではないかと思います。単純に相手の好きな花がわかっているのであれば、その花を贈るのもよいかと思いますが、花の意味を考えて贈るのも楽しいのではないかと思います。それでは、結婚の際にはどのような花を贈るのが良いのでしょうか?めでたい意味を持つ花に、アイリスやスイートピー、バラ、ヘリオトロープやデンファレなどがあります。

アイリス属全般に言える花言葉には、「恋の便り」「使者」「よろしくお伝えください」などがあります。しかし、ジャーマンアイリスには「あなたを大切にします」「すばらしい結婚」という花言葉があります。まさに結婚にふさわしい花だといえるのではないでしょうか?

スイートピーには、「門出」という花言葉があります。そのほかにも、「ほのかな喜び」「永遠の喜び」などと言った意味もありますが、反対に「別離」などと言った意味も持っています。しかしこの「別離」は、「門出」と近い意味を持つ花言葉で、例えば入学などの門出で別離するといった使い方をします。

バラには、「私はあなたにふさわしい」という花言葉があります。バラが女性にも人気が高く、また花言葉も恋愛に向いているというのは多くの方がご存知かと思いますが、もちろん結婚式にも利用できますし、普段の贈り物としても最適です。

ヘリオトロープには、「献身的な愛」「永久の愛」「熱望」「愛よ永遠なれ」という花言葉があります。もともとは、ギリシャ神話の太陽と回転に由来しています。太陽の動きに連れてヘリオトロープも花の向きを変えることから、この名前がつきました。昔から、神様の草、恋草の草などと呼ばれていました。

デンファレには、「お似合いの二人」という花言葉があります。まさに結婚にぴったりの花だといえるのではないでしょうか?しかし、他にも「わがままな美人」「魅惑」「有能」といった意味も兼ね備えています。実際に色がきれいな花になりますので、花言葉の「わがままな美人」にも納得です。

このように、結婚にふさわしい花は意外とたくさんあります。もちろんここで紹介した花以外にも、結婚の際に贈ると喜ばれる花は多数存在します。ストレートにバラを花束で渡すのもよいかと思いますが、バラ以外にも結婚を連想させたりする花は多いですので、色々な組み合わせで贈るのもよいのではないかと思います。

 

失恋や別れの意味を持つ花

恋愛には別れもつきものですが、そんな愛の終わりを意味する花もたくさん存在します。中には、色を変えるだけで全く違った意味になる花もありますので、贈る際には注意しなければなりません。別れや失恋を意味する花はたくさんありますが、代表的なものに黄色のバラや白のゼラニウム、紫のクロッカスに白のチューリップ、それからヒガンバナなどがあげられます。

黄色のバラには、「友情」の他に、「愛情の薄らぎ」「嫉妬」という花言葉があります。赤いバラには「愛情」などの花言葉があり、バラといえば愛の象徴だと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、黄色の花全般には嫌悪や不吉などを連想する花言葉がつけられることが多いです。バラを贈るのは良いですが、大切な方へ黄色のバラを贈るのは控えた方が良いかもしれません。

白のゼラニウムには、「私はあなたの愛を信じない」という花言葉があります。ゼラニウムも同様に、色によって花言葉が大きく異なります。例えば赤いゼラニウムの場合は「君ありて幸福」、ピンクのゼラニウムには「決心」「決意」といった意味があります。ゼラニウム全般には「信頼」「尊敬」「真の友情」という意味がありますが、白色のゼラニウムは避けた方が無難でしょう。

紫のクロッカスには、「愛の後悔」という花言葉があります。クロッカス全般で見てみると、「切望」「青春の喜び」というような花言葉がありますし、黄色のクロッカスには「私を信じて」という意味があります。そのためクロッカス自体を贈る分には問題ないのですが、大切な人への贈り物に紫のものは避けた方が良いかと思います。

白のチューリップには、「失われた愛」という花言葉があります。代表的な花言葉として、「思いやり」「博愛」などがあげられますが、チューリップもいろによって意味が変わってきます。赤いチューリップの場合は対照的に「愛の告白」、黄色のチューリップには「望みのない恋」「名声」という意味があります。また、紫のチューリップには「不滅の愛」といった意味が込められています。

ヒガンバナには、「あきらめ」「独立」「悲しき思い出」という花言葉があります。ヒガンバナは縁起の悪い花と言われることもありますし、「地獄花」「毒花」「死人花」などと言った呼ばれ方をすることもあります。見た目自体は美しいですが、何かとネガティブなイメージを持つ花です。しかし、白のヒガンバナには「思うはあなた一人」といった意味を持っています。

このように、ポジティブな意味を持つ花もたくさんありますが、同じ花でも色を変えるだけで失恋や別れの意味が込められてしまうことがあります。花言葉を考えて花を選ぶ際には、その花の色にも注意するようにしましょう。

母の日に贈る花と花言葉

母の日の花と聞くと、カーネーションを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?カーネーションの花言葉として「母への愛」があげられます。赤いカーネーションは、母の日の定番の花として高い人気を誇っています。しかしもともとは、母の日に赤いカーネーションを贈るようになったことから、「母への愛」という花言葉がつきました。

そもそもカーネーションが母の日と関わっているのは、白いカーネーションを亡き母への感謝の気持ちとして捧げる習慣があったからです。実際に、白いカーネーションには「私の愛は生きています」というような意味がありますし、また黄色のカーネーションには「軽蔑」などの意味があります。そのため、母の日にカーネーションを贈る際には色に気を付けるようにしてください。

最近は、カーネーション以外にも様々な花を母の日に贈るようになってきました。それでは、カーネーション以外で母の日にふさわしい花にはどのようなものがあるのでしょうか?例えば胡蝶蘭やアジサイ、チューリップやダリアなどが人気のようです。

胡蝶蘭には、「幸福が飛んでくる」という花言葉があります。花弁の形が蝶に似ていることから、幸せが蝶のようにひらひらと飛んでくるというところから、「幸福が飛んでくる」という花言葉がつけられました。一般的に胡蝶蘭といえば白色ですが、ピンクや紫などの胡蝶蘭も美しいです。

アジサイには、「家族団らん」「元気な女性」「家族の結びつき」などと言った意味を持っています。アジサイは梅雨の時期に美しい花を咲かせる花になります。最近は母の日の定番花であるカーネーションだけではなく、アジサイの束を贈る方も増えてきています。見た目も品種によって異なりますので、毎年違ったタイプのアジサイを贈るのも面白いのではないでしょうか?

チューリップには、「やさしさ」「思いやり」といった花言葉があります。もともとチューリップは愛情を伝える花として、古くから伝えられてきました。カーネーションと合わせて贈るのもよいですし、チューリップを単体で束にして贈るのもきれいなのではないかと思います。

ダリアには、「威厳」や「豊かな愛情」「感謝」などの花言葉があります。まさに感謝するお母さんに贈るのにふさわしい花だといえるのではないでしょうか?しかし、ダリアの開花時期は少々母の日とずれていますので、プリザーブドフラワーなどで贈るのが良いのではないかと思います。

父の日に贈る花と花言葉

 

父の日に贈る花の定番は、バラになるのではないかと思います。もともとアメリカでは、亡くなった父親には白のバラを、健在の父親には赤いバラを贈る習慣がありました。しかし日本では、父の日黄色いリボンキャンペーンのイメージカラーから、黄色のバラを贈るのが一般的になりました。実際に、黄色いバラを贈ったことがあるという方も多いのではないでしょうか?

しかし、毎年のようにバラを贈るのはなんだかつまらない、と感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?確かにバラを贈るのもよいですが、バラ以外にも父の日に適した花は存在します。ここでは、父の日に贈ることのできる花言葉を持つ花を紹介させていただきます。たくさんありますが、代表的なものはヒマワリやユリ、ガーベラ、マーガレットなどになります。

ヒマワリには、「希望」「元気」といった花言葉があります。特に元気なお父さんや笑顔のまぶしいお父さんに贈るのにぴったりの花といえるのではないでしょうか?ヒマワリ自体も、太陽の下でキラキラと光り輝く花になります。実際に、ヒマワリであればバラとは違い軽い気持ちでプレゼントできるのではないかと思いますので、父の日の定番花としても人気が高まってきています。

ユリには、「威厳」や「純粋」といった父の日にぴったりの花言葉を持っています。しかし、色によってユリの花言葉が変わってきますので、贈る際には気を付けなければなりません。黄色のユリには「偽り」、赤・ピンクは「虚栄心」などと言ったネガティブな意味がありますので、「純潔」を表す白のユリが無難なのではないかと思います。

ガーベラには、「常に前進」「希望」などと言ったお父さんにふさわしい花言葉を持っています。しかし、他の花同様、色によって意味が変わってきますので気を付けましょう。白のガーベラは「希望」「律儀」、赤のガーベラは「神秘」「情熱」、ピンクのガーベラは「崇高美」、オレンジのガーベラは「我慢強さ」などなどポジティブなものが多いので、お父さんのイメージに合わせてプレゼントするとよいでしょう。

白いマーガレットには、「信頼」「誠実」という花言葉があります。そのため、父の日の贈り物にはぴったりの花だといえるのではないでしょうか?さらに、「心に秘めた愛」という花言葉も持ち合わせていますので、お父さんの特徴を伝えるだけではなく、感謝の思いを伝えるにも良い花です。また、父の日だけではなく、恋人に送る際にも人気の花です。

このように、父の日に贈ることのできる花はたくさん存在します。毎年のようにバラを贈っているという方は、今年は趣向を変えて他の花を送って見るのもよいのではないかと思います。贈る際に、花言葉を一緒に伝えると、家族の距離が一気に縮まるのではないでしょうか?

バラの色で伝えたい思いを変えよう

バラといえば、恋愛に関する花言葉を持っているというイメージが強い方が多いのではないでしょうか?しかし、同じ花であっても色によって意味が変わってきます。バラを贈りたいけど、色々な色があって困っているという方もいらっしゃるはずです。そんな方々のために、ここではバラの色によって違う花言葉を紹介させていただきます。

バラの定番である赤色には、「熱烈な恋」や「愛の情熱」などと言った花言葉があります。実際に、愛の告白や恋愛のシーンには、赤いバラを贈る方も多いのではないかと思います。しかし、そのような強い意味を持つ花であるからこそ、ひそかに思いを寄せている方に贈るのには強烈かもしれません。親密な関係な相手に本気の思いを伝える際に、赤いバラを贈るのが良いのではないでしょうか?

ピンクのバラには、「尊敬」や「温かい心」、「感謝」といった意味が込められています。もちろん恋人や夫婦間でも贈ることができますが、男女関係なくお礼を言いたいときなどに贈ることができます。見た目も柔らかく美しいピンク色ですが、やはり女性に贈る際に利用すると喜ばれるでしょう。女性に赤いバラはを渡すのは少々照れるという方は、ピンクに変えるだけで一気に渡しやすくなるのではないかと思います。

黄色のバラは、友人に渡すのに適しているといえるでしょう。「希望」「友情」といった花言葉を持っているため、単純に友人としてお付き合いをしていきたいという異性に渡すのもよいでしょう。また、「希望」という意味から、引っ越し祝いや転職祝いなどにも適した花になります。様々な場面で使うことができますし、黄色という色も周りを明るくしてくれますので、お祝いの機会に使ってみてはいかがでしょうか?

白いバラには、「相思相愛」という意味の他に、「尊敬」や「純粋」といった意味があります。バラにもさまざまな色がありますが、白いバラは潔白なイメージもありますので、プロポーズの際や結婚の際にも適しているといえるのではないでしょうか?ただし、アメリカなどでは亡き父に白いバラを捧げることから、葬式などで使われることが多いです。相手やシチュエーションなどを考えながら贈るようにしましょう。

このあたりが、バラの定番色といえるのではないでしょうか?このほかにも、オレンジ色のバラには「絆」や「さわやか」「信頼」という花言葉があるため、まだ仲良くない方に良い印象を付けたいときなどに使えます。また、紫色のバラには「王座」「威厳」などと言った意味もあるので、品を重んじる方へ、または魅力をたたえたい相手に贈るのに適しているのではないかと思います。

ただし、単純に色としてみた時に、人によって好きな色や嫌いな色があるのではないかと思います。親しい相手で好きな色を知っているのであれば、その色のバラを贈るのもよいのではないでしょうか?また、複数の色のバラを組み合わせて贈るのも面白いのではないかと思います。

お見舞いと花言葉

友人やご家族が入院した際には、病院にお見舞いに行く機会も多いのではないかと思います。その際には、入院されている方の好きなものを持っていくという方も多いですが、殺風景な病室に花を贈りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、その際には贈る花に気を付けなければ縁起が悪いと考えられてしまうことがあります。それでは、縁起が悪い花にはどのようなものがあるのでしょうか?

一般的には、鉢植えタイプの花はすべてやめた方が良いと言われています。例え良い花言葉を持っていたとしても、植物が土に根を下ろしている状態が「根付く」というところから「寝付く」を連想させてしまうからです。つまり、病気が長引き病院に長くいるという縁起の悪いイメージがあるのです。そのため、どんな花を贈るにしても、鉢植えタイプの花を持っていくのは控えた方が良いでしょう。

また、贈る花の色にも気を配るようにしてください。一般的には、白い花や紫、青系の花はお悔やみの際に利用されることが多い花になります。これらの色は縁起が悪いだけではなく、見た感じもなんだか寂しい雰囲気を醸し出しています。もちろん相手が青い花が好きだというのであれば渡すのもよいかと思いますが、一般的にはお見舞いや退院祝いにはオレンジや黄色などの明るい花が選ばれます。

それから、病室に置いておく花になりますので、その花の持つ香りにも注意しましょう。花の香りは良いものですが、強い香りを持つ花は病室で患者さんをいやな気分にさせることもあります。例えばスイセンやフリージア、ユリなどは強い香りを持つ花ですので避けた方が無難です。花屋に行くと、どの花がどの匂いなのかがわからないことが多いと思いますので、店員さんに相談しながら決めましょう。

同様に、贈る花のサイズにも気を配るようにしてください。大きな個室に入院しているのであれば、大きな花を贈るのもよいのではないかと思います。しかし、多くの方は相部屋に入院されるのではないかと思いますし、花を置くスペースがあるのかどうかもわかりません。事前に情報が手に入ればよいですが、わからない場合はなるべく邪魔にならない程度のサイズの花を選びましょう。

そのほかにも、「死」「苦」を連想させるシクラメンや、枯れて色あせるアジサイ、枯れると花が落下するチューリップや椿、お葬式の際に飾られることの多いキクなどは、お見舞いの花としてふさわしくありません。それでは、逆にお見舞いの際にはどのような花を贈るのが良いのでしょうか?

様々な花がありますが、お見舞いの花の定番としてガーベラが挙げられます。ガーベラには「希望」といった花言葉がありますし、見た目も華やかで元気が出てきます。ガーベラなどの明るい色の花を、ミニバスケットに入れて持っていけばすぐに飾れます。病院によっては、アレルギーなどの観点から生花が持ち込めないこともありますので、その場合はプリザーブドフラワーを用意しましょう。

一覧感謝逆引きバラひまわり誕生日英語希望友情ありがとう愛a.b.c-z愛してるアネモネ紫陽花会いたい青いバラあなたを忘れない明るい一目惚れ一覧切ない一覧感謝意味一覧怖い癒し祈り一途祝い裏切り梅嘘美しい嘘つき運命恨み占い裏移り気永遠の愛笑顔永遠永遠の別れえびエリカ栄光エーデルワイス縁おめでとう応援お疲れ様思い出面白い思いやりオダマキ終わり音楽オリーブ片思い歌詞悲しい感謝尊敬カーネーションかすみ草かっこいい門出家族絆菊狂気桔梗奇跡綺麗記憶キンモクセイ起源暗いクローバークロッカスクリスマスローズクロユリクチナシクレマチス君を忘れない苦しみくるみ結婚健康検索決意決別結婚式結束敬愛謙虚気高い怖い恋孤独コスモス幸福告白コデマリ高貴光コード桜再会さようなら寂しいサイネリア再生サボテン再出発殺意支える死幸せ祝福嫉妬勝利失恋信頼謝罪真実白バラスイートピー好き水仙スミレ素敵スズラン素直スターチス好きですスノードロップ切ない成功誠実成長青春性格生命西洋世界清楚卒業束縛聡明創造送別創作そばにいたいそばにいて空そばにいます旅立ちたんぽぽ誕生花助けて誕生日おめでとう大切な人楽しい太陽戦いチューリップ忠誠長寿誓い知恵沈黙小さな幸せ知性忠義鎮魂椿強さ強い月追憶強い心辛い追悼ツツジつながり天使天真爛漫天才天下無敵転生適当天国天然テッセン定義友達トルコキキョウとはトリカブトトマト弔い友特別友達誕生日ときめき名前仲間菜の花長生き仲直りなでしこ涙仲良し慰めナズナ人気日本忍耐妊娠偽物二面性日常日本語日本だけニゲラ盗む温もり濡れ衣塗り絵ぬるでヌルデヌスビトハギ盗人萩ヌマトラノオぬばたまネガティブネリネ願い眠りねぎらいネモフィラネタ妬みnever熱血呪い望みノースポールのんびり野ばら望みやしたいことノコギリソウのぞみ望みしたいこと野菊葉牡丹初恋春儚い始まりハナミズキ蓮ハイビスカス繁栄励まし彼岸花ヒヤシンス秘密百合悲恋秘密の恋柊飛躍ひとめぼれ復讐フリージア藤不吉復縁復活不安冬フランス語福寿草平和変化変平穏平凡変身変革ヘリオトロープ返事変人本誇り本数鬼灯本おすすめホワイトデー宝物ホトトギス鳳仙花微笑みマーガレット守るまとめ前向きマリーゴールド正義待つマイナス真面目迷い未来ミスチルミモザ未来を見つめる見守る未練魅惑魅力緑美輪明宏無邪気紫無垢無償の愛ムスカリ無関心結ぶ無知矛盾無口メンヘラめでたい名言恵み滅亡目覚めメッセージ明がある冥福珍しい桃木蓮盲目もみじ妄想目標もう一度モンステラ戻りたい物語優しさ優しいヤンデレ約束安らぎ病み闇安らかに柳約束を守るユリ夢勇気由来勇敢誘惑有名許さない優雅喜び寄り添うよろしく妖艶欲望夜陽気欲良い意味youtubeラナンキュラスラベンダー蘭ランキングライラックラフレシアラズベリーライバル来世ラボりんどうリナリアリコリス両思い凛りんご理想凛々しい略奪愛リラックスルピナス類語ルリマツリルドベキアルクリア瑠璃ルリタマアザミルーツ恋愛恋愛怖い冷静歴史恋愛片思い冷酷レモン蓮華レンゲソウレースフラワーローズマリーロマンチックローズ蝋梅ロベリアロケ地ローダンセロウバイ六月ロータス別れ忘れない悪い意味忘れないで私を忘れないで勿忘草悪い私を見て別れたい私だけを見てnhk誕生日nhk誕生花nhknhkラジオ深夜便nhkカレンダーnhkラジオ深夜便本ガーベラ頑張れ頑張る画像我慢外国ガゼットガーベラ白頑張ろう画像付き嫌い犠牲逆境偽善逆疑惑疑問犠牲者ギャンブル疑心グラジオラスグロリオサグロキシニア偶然愚者グリーンネックレス元気月下美人幻想激励元気健康月桂樹芸術現実厳格下品ごめんなさい合格ごめんね傲慢強欲ごめんごぼう声五月豪快罪残酷懺悔ザクロ雑草罪悪感残念ざくろ挫折自由純粋情熱ジャスミン辞典純愛純潔自信沈丁花時間図鑑ずっと一緒ずっと友達ずっと愛してるずっと好きでしたずっと忘れないずっと離さないずっと好きずっとずるい絶望ゼラニウム前進絶縁全力全部全身絶対全集全種類造花薔薇造花造花の薔薇造花バラダリア大好き大丈夫団結誰がダリア赤男性大丈夫だよダイヤモンドリリー断罪digitalisdianthusdimorphothecadiamondlily疲れdurantadustymiller花のくちづけデイジーデンドロビウムデンファレデルフィニウム出逢い溺愛伝説伝統ディアンサ出会えてよかった努力独占欲独占努力は報われる毒独立ドラゴンアッシュ動画共に生きる貪欲薔薇バラピンクバラ青バラオレンジバラ白バレンタインバラ本数バーベナ馬鹿ビオラ美美人病気平等病病気が治る日白蓮日々草ブルースターブーゲンビリア不器用ブルーローズブーケぶどう文章物騒ブルーベリー無事を祈るベルフラワーベゴニア勉強別離勉学ベロニカベラドンナリリーベルガモ紅花ベルガモット牡丹忘却母性ボケ星冒険暴力牡丹白bot望郷パンジーパセリパキラパンジーゼラニウムパートナーパイナップルパンジー赤ピンクピンクのガーベラピンクバラピンクのゼラニウムピンクのチューリップピンポンマムピンクのカーネーションピオニーpixivピュアプロポーズプレゼントプルメリアプリムラプライドプリムラジュリアンプリ画プレゼント友達プリザーブドフラワープリムラポリアンサペチュニアペラルゴニウムペンステモンぺんぺん草ペットペペロミアペンタスポピーポジティブポインセチアポエムポスターポーチュラカポトスポプラポストカードポニーキャニオンsslinelilydragonashlyricsthegazettelyrics熊木杏里lyricslycorislycheepvvipヴィオラヴェロニカヴァイオレットviolavioletバーベナverbenavanillaバンダffjったーってlovelivelabolist8300ed1月12月11月10月1人

スポンサード広告



Posted by mori