スイートピーの花言葉

☆スイートピーとは?

スイートピーは花びらがびらびらしていて可愛らしい花です。
一般的には春によく咲いていますが、品種によって異なります。
松田聖子が歌う「スイートピー」で知名度が上がりましたが、
当時は赤いスイートピーがなく
品種改良のおかげで誕生しました。
そのため色も豊富です。

開花時期 4月~6月

・ほのかな喜び
・門出
・優しい思い出
・繊細、優美(ピンク)
・デリケートな喜び(白)

 

スポンサード広告



スイートピーの花言葉についての解説・説明

ほのかな喜び

4月頃に花を咲かせることから、この花言葉がつけられたようです。
春の花が咲いているのを見ると心が温かくなります。
寒い冬を越えて暖かい春がくると嬉しい気持ちになりますよね!

門出

これは、スイートピーの花が今にも飛び立ちそうな蝶に見えることから
つけられたそうです。
また春は別れの季節でもあるのでこのような花言葉がついたようです。

優しい思い出

スイートピーの春らしいパステルカラーの色にふさわしい花言葉ですね。
これも別れの季節であることからつけられたようです。

繊細、優美(ピンク)

美しい見た目にぴったりの花言葉ですね。
スイートピーの華麗な姿からつけられたのでしょう。

デリケートな喜び(白)

これはささやかな喜びということでしょうか。
白は汚してはならないと思いますよね!
白の純粋な色からつけられたのではないでしょうか。

まとめ

スイートピーは咲く季節からつけられた花言葉が多いようです。
出会いと別れの季節であることからこのような花言葉が
つけられたのでしょう。
またピンクのスイートピーは花びらが華やかな印象を与えているので、ぴったりですよね!

スポンサード広告



Posted by mori