タンポポの花言葉

☆タンポポとは?

タンポポは雑草なので道端で見かけることも多いです。
根が長く50㎝以上あるものもあり、
根が残っていれば再生するので再生力も高く生命力が強いです。
しかしタンポポは低温の場所や寒暖差の激しい場所に弱いです。

開花時期 3月~5月

・愛の神託
・真心の愛
・別離
・神のお告げ
・思わせぶり

 

スポンサード広告



タンポポの花言葉についての解説・説明

 

愛の神託

この花言葉は、昔、ヨーロッパでタンポポの綿毛で
恋占いをしたことからつけられたようです。
一息で綿毛を全部飛ばしたら、恋が成就するとも言われていたようです。

真心の愛

タンポポにはこのような花言葉もあるようです。
好きな人に思いを伝える時に一緒にプレゼントしても
いいかもしれません。

別離

これは、綿毛が飛んでいく様子からつけられたようです。
タンポポの綿毛は綺麗に飛んでいきますよね。
その離れていくさまからつけられました。
卒業をする人に贈る場合などにぴったりです。

神のお告げ

恋占いをすると、タンポポを介して神様が
占いの結果を教えてくれますよね。
そのことからつけられたのではないでしょうか。
恋に悩む友達にプレゼントしてもいいですね♪

思わせぶり

タンポポで恋占いをしている時のどちらになるか分からない
心情からこの花言葉がついているのでしょうか。
占いをしている時はドキドキしますよね!

まとめ

このように見てみると、タンポポの花言葉は恋占いからつけられたものもあるようです。
タンポポは花びらでも綿毛でも占うことができますよね。
別れの意味もあるようですが、別れがあれば出会いもあります。
タンポポはアスファルトの隙間からも咲くような花なので
強いところは見習いたいですよね。
道端でタンポポを見たらこの花言葉を思い出してみてください。

スポンサード広告



Posted by mori