ホワイトレースフラワーの花言葉

☆ホワイトレースフラワーとは?

ホワイトレースフラワーはレースのように繊細で可愛らしい花です。
小さな白い花が集まっています。
フラワーアレンジの切り花としてもよく使われます。
また添え花として利用されています。

開花時期 5月~6月

・感謝
・可憐な心
・繊細
・細やかな愛
・悲哀

スポンサード広告



ホワイトレースフラワーの花言葉についての解説・説明

 

感謝

ホワイトレースフラワーは感謝の気持ちを伝える時に贈る花に
ぴったりのようです。
小さな花が可愛らしく、花束だと華やかさが増します。
ホワイトカラーがシンプルな美しさで喜ばれるのではないでしょうか。

可憐な心

これは小花が連なって可憐に咲いていることからつけられたようです。
花のイメージや見た目からつけられたのですね。

繊細

この花言葉はレースフラワーの花びらの間隔のバランスが良いことから
つけられたようです。
花の形が繊細であるからこの花言葉なんですね。

細やかな愛

これも「繊細」の花言葉と同様に小花と小花の間隔のバランスが良いことから
つけられたようです。
ホワイトデーのお返しにメッセージとともに贈るのも良さそうです。

悲哀

可愛らしく優しいイメージのあるレースフラワーですが、
悲しい花言葉もあるようです。
この花に毒はないのですが、猛毒のあるドクゼリに似ていることから
別名ドクゼリモドキと呼ばれているそうです。
そのことも関係してこの花言葉がついたのでしょうか。

まとめ

レースフラワーは、バランスが良く、小さい花がたくさん集まっている
見た目からつけられた花言葉が多いようです。
見た目はシンプルさがある上にキュートなことから女性はもちろん
男性も貰ったら嬉しいのではないでしょうか。
感謝の気持ちを伝える時に使われることが多いようなので、
父の日や母の日などに日頃の感謝を込めて
贈ってみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサード広告



Posted by mori