リンドウの花言葉

☆リンドウとは?

リンドウは秋の山野草として有名です。
そのため野山や草原でよく見られます。
さらにリンドウは薬草としても知られています。
リンドウは日光が当たると花を開き、
曇っていたり天気が悪いときには閉じてしまうという特徴があります。

開花時期 9月~10月

・悲しんでいるあなたを愛する
・正義
・誠実
・勝利
・高貴

スポンサード広告



リンドウの花言葉についての解説・説明

 

悲しんでいるあなたを愛する

この花言葉は悲しみを思わせる青紫色の花と花が群生せず1本ずつ咲く姿からつけられたようです。
この姿が悲しそうに見えたのでしょう。
健気に咲いているのが愛おしくなってつけられたのではないでしょうか!

正義

これは、リンドウの根が漢方薬に使われていたことから
病気に打ち勝つということでつけられたようです。
なので、敬老の日にリンドウを贈ることが多いのではないでしょうか。

誠実

リンドウは天気が良い時は花が開くのですが、曇りや雨などの天気が悪い時や
夜には花が閉じるそうなのです。
そのような性質からこの花言葉がつけられたようです。

勝利

勝利は正義と同じように病気に打ち勝つという意味でつけられたようです。
リンドウの根には健胃作用があることからこの花言葉になったようです。
おじいちゃんやおばあちゃんの健康を願ってこの花を送ってみてはいかがでしょうか。

高貴

これは、リンドウの紫が高貴な色だということでつけられたようです。
聖徳太子が定めた冠位十二階では紫色が最高位でした。
この位を与えられた人は、誰からも尊敬され能力がとても高かったようです。
尊敬する人にリンドウをプレゼントするのもいいですね♪

まとめ

リンドウはよく敬老の日におじいちゃんやおばあちゃんに贈られるそうです。
この花言葉があるからリンドウが選ばれていたのではないでしょうか。
いつもの感謝の気持ちを伝えるのにはぴったりの花ですよね。

スポンサード広告



Posted by mori