桜(さくら・サクラ)の花言葉

☆桜とは?

春になると日本ではお花見をする慣習がありますが
その時に鑑賞するのが桜です。
花びらは白や桃色のものが多いです。
桜は散ってしまうのが早く、
満開になってから10日ほどで散ってしまうようですが、
日本を代表する花とも言われており、海外からも花見客が来るほどです。
毎年、全国各地で花見予想がされるほど人気の花です。

開花時期 3月~5月

・私を忘れないで
・優れた美人、精神美(染井吉野)
・気まぐれ、あなたに微笑む(寒桜)
・優美(枝垂れ桜)
・豊かな教養、しとやか(八重桜)

スポンサード広告



桜の花言葉についての解説・説明

 

私を忘れないで

これは、フランスでの花言葉のようです。
桜が散ってしまう儚さや切なさからこの花言葉がつけられたと言われています
別れを選んだ恋人の心情が込められているようで
ロマンティックですね!

優れた美人、精神美(染井吉野)

ピンク色の桜は美しく見とれてしまいますよね。
見た目からこのような花言葉がつけられたようです。
とても品があり、お花見など桜を見に人が集まってくる理由が
分かりますね♪

気まぐれ、あなたに微笑む(寒桜)

寒桜が風に揺れている姿は優しく微笑んでいるようにも感じることが出来ます。
また、寒桜は他の桜に比べて咲く時期が早いです。
そこで気まぐれという花言葉もあるようです。

優美(枝垂れ桜)

枝垂れ桜は枝が垂れ下がっていて他の桜とは違う綺麗さがあります。
夜に見る枝垂れ桜もまた美しいです。
これもまた見た目からつけられたのではないでしょうか。

豊かな教養、しとやか(八重桜)

開花時期は染井吉野に比べると遅くなります。
他の桜の開花時期よりも遅く、学校に植えられることもあるため
教育の言葉がつけられたのではないかと言われています。

まとめ

桜も種類によって花言葉が異なるようです。
桜の見た目からつけられたものも多いですが、
それぞれに意味が込められているようです。
また国によって捉え方が違うのも面白いですね!

スポンサード広告



Posted by mori