チューリップの花言葉

☆チューリップとは?

チューリップは可愛らしい見た目から子供にも人気があります。
チューリップの花びらは気温が高いと開き、気温が低いと閉じるので、
温度によって変化します。
開花期間は10日ほどで春のチューリップ畑は見事です。
チューリップには「早咲き」「普通咲き」「遅咲き」がありそれぞれ開花時期が違います。
また原種だけでも100種類以上あると言われており種類が豊富です。

開花時期 3月~5月

・思いやり
・愛の告白(赤)
・望みのない恋、実らぬ恋(黄色)
・失われた愛、新しい愛(白)
・愛の芽生え、真実の愛(ピンク)

 

スポンサード広告



チューリップの花言葉についての解説・説明

 

思いやり

こちらはチューリップの代表的な花言葉です。
チューリップの生産地であるオランダでのエピソードからつけられたそうです。

そのエピソードとは、美しい女性に3人の男性が一目惚れをしたそうです。
3人が同時にプロポーズをするので心優しい女性は困って、
花の神様に自分を花に変えてほしいと頼みました。
その花がチューリップなのです。

現実的ではないですが、思いやりという言葉がぴったりのエピソードですね。

愛の告白(赤)

赤は情熱的な色です。
告白をする時や誕生日プレゼントにも使うことが出来るのが
赤いチューリップです!
熱い想いを相手に伝える時に使ってみましょう。
花束だとさらにインパクトがあります。

望みのない恋、実らぬ恋(黄色)

これはとても悲しい言葉ですよね。
黄色は信号などでも注意を促す色です。
この花言葉をつけた方は警告するという意味をこめたのでしょうか。
こちらはプレゼントには向いてないかもしれません。

失われた愛、新しい愛(白)

この花言葉は失恋を意味していますね。
別れたあとにまた新たな出会いがあるということを
表しているのではないでしょうか。
この花は贈るタイミングが重要です。
今付き合っている相手に渡してしまうと、
別れたいと思っていると勘違いしてしまうかもしれません。
別れて新しい恋を探している方に贈れば喜ばれるでしょう。

愛の芽生え、真実の愛(ピンク)

とても可愛らしい色でピュアなイメージもありますよね。
恋が芽生えたばかりの初々しい恋の感じもあります。
ピンクが好きな女性も多いので好きな女性に贈るのにおすすめです。

まとめ

オランダでのロマンチックなエピソードから花言葉がつけられているのは素敵ですよね♪
チューリップは色によって込められてる意味が違うので花を贈る時には注意しましょう。
チューリップを贈る際には、相手の状況なども考えて選んであげると
心から喜んでもらえるのではないでしょうか。

スポンサード広告



Posted by mori