ホウセンカの花言葉

☆ホウセンカとは?

ホウセンカは古くからあり、
平安時代に日本に伝わってきたと言われています。
育て方も簡単で園芸用としても人気があります。
花は変わった形をしており、花の後ろにある丸い実は
触ると種がはじけ飛ぶ性質があります。

開催時期 6月~9月

・短期
・私に触れないで
・せっかち
・繊細
・じれったさ

スポンサード広告



ホウセンカの花言葉についての解説・説明

 

短期

この花言葉はホウセンカがラテン語で「我慢できない」
という意味があることが由来のようです。

私に触れないで

これは実が成熟していると触れただけで、
種をまき散らすホウセンカの性質が由来となっています。
実がはじけ飛ぶことからこのような花言葉になったようです。

せっかち

「せっかち」も触れると弾けるホウセンカの特徴からつけられたようです。
ホウセンカの姿を人に置き換えてこの花言葉になったのでしょう。

繊細

これはギリシャ神話が由来のようです。
ある女神が実際は盗んでいないのに給仕をしていたということから
黄金のリンゴを盗んだと疑われて苦悩していました。
やっていないと訴えていましたが、最終的には花の精によりホウセンカに変えられてしまったようです。
繊細な心を持っていたであろう女神の姿からつけられたのではないでしょうか。

じれったさ

これギリシャ神話が由来のようです。
女神が無実だと人々に訴えかけているのに
信じてもらえない女神の心情からつけられたのでしょう。

まとめ

触れるだけで実がはじけ飛ぶ花は珍しいですよね。
ホウセンカの特徴からつけられた花言葉が多いようです。
またギリシャ神話も関係している花言葉もあります。

スポンサード広告



Posted by mori