プルメリアの花言葉

プルメリアとは?

プルメリアはハワイやタヒチなどでは、「レイ」として使われます。
熱帯地域でよく見られます。
甘い香りがして芳香があります。
しかし葉や枝を切ったときに出てくる白い液は有毒です。

開花時期 6~10月

・気品
・恵まれた人
・内気な乙女
・日だまり
・熱心

スポンサード広告



プルメリアの花言葉についての解説・説明

 

気品

プルメリアの優美な姿と香りからこの花言葉がつけられたそうです。
プルメリアの綺麗な花姿と上品な香りにぴったりの花言葉ですね。

恵まれた人

プルメリアの上品な香りを嗅ぐと幸せな気分になります。
プルメリアの花からは幸福の香りがするのでこの花言葉が
つけられたのでしょう。

内気な乙女

これはプルメリアのイメージからつけられているようです。
プルメリアには上品なだけではなく、しとやかなイメージもあります。
美しい女性から連想された言葉のようです。

日だまり

これは太陽の光をふんだんに浴びて、多くの花を咲かせることにちなんでいるようです。
暖かい地域で咲くプルメリアにぴったりの花言葉ですね。

熱心

熱帯地域で咲くということからつけられたのでしょうか。
努力している人にプレゼントしたら喜ばれそうですね!

まとめ

プルメリアは南国でよく咲いているイメージがありますよね。
実際にプルメリアは寒さに弱いので寒い場所では咲きません。
ハワイなどでよく見かけることができるのではないでしょうか。
プルメリアの花びらには、優しさ、調和、思いやり、謙虚さ、忍耐という意味が込められています。
ハワイでの言葉の頭文字を合わせると「ALOHA」になるようです。
ハワイとはとても縁の深い花のようです。
女性に贈るのにぴったりの花言葉がたくさんあるので、
彼女や好きな女性に贈ってみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサード広告



Posted by mori