ヒガンバナの花言葉

スポンサード広告



ヒガンバナの花言葉

☆ヒガンバナとは?

ヒガンバナは秋のお彼岸の頃に花を咲かせます。
糸のようにおしべとめしべが飛び出しているので線香花火のようにも見えます。
赤色と花の形から印象がとても強い花です。

開花時期 9月

・悲しき思い出
・あきらめ
・情熱
・独立
・想うはあなた一人

ヒガンバナの花言葉についての解説・説明

 

悲しき思い出

真っ赤で血のようなイメージからヒガンバナは墓地でよく見られます。
そのようなことからこの花言葉がつけられたのでしょう。

あきらめ

ヒガンバナは花が咲くときに葉っぱがなく、葉っぱがあるときには花が咲いていません。
そのすれ違いで絶対に会うことができない様子からこの花言葉がつけられたのでしょう。

情熱

これは赤いヒガンバナの見た目からつけられたのでしょう。

独立

この花言葉は赤くて情熱があり、強いイメージがあることから
つけられたのではないでしょうか。

想うはあなた一人

ヒガンバナには印象的な赤で特殊な美しさがあることからこの花言葉がつけられたのではないでしょうか。
また同様に「あきらめ」の花言葉の由来からきているとも言われています。

まとめ

ヒガンバナは不吉な花だと思われていることが多いです。
ヒガンバナには毒があり、危険なイメージもありますよね。
でも花言葉では、ヒガンバナの見た目や特徴などからつけられていて
悪い花言葉だけではありません。
メッセージを添えれば贈り物としてもいいのではないでしょうか。

スポンサード広告



Posted by mori