薔薇の花言葉

薔薇とは?

薔薇は美しい見た目や魅力的な香りでとても認知度の高い花です。
薔薇は「花の女王」とも言われています。
その美しさからプロポーズなど大切な人への贈り物としても使われます。
薔薇の見ごろは5月~6月頃と言われていますが、
秋バラもあるので長い期間楽しめます。

開花時期 5月~10月

・あなたを愛してます(赤)
・純潔、深い尊敬(白)
・しとやか、上品(ピンク)
・夢かなう、不可能(青)
・愛情の薄らぎ、嫉妬(黄色)

 

スポンサード広告



薔薇の花言葉に関する説明:解説

 

あなたを愛してます(赤)

真っ赤なバラはよく女性へのプレゼントとしても使われて人気が高いですよね!
好きな相手に気持ちを伝えたい時にはぴったりです!
バラと一緒にプロポーズなどをすると気持ちが
伝わりやすいのではないでしょうか。
また還暦のお祝いでも喜ばれているそうです。

純潔、深い尊敬(白)

白いバラは結婚式でも使われることがあります。
純白の白という言葉もあり、ウェディングドレスも白ですよね!
白は何色にも染まっていないので、純粋なイメージがありますよね。
色のイメージから付けられた花言葉のようです。

しとやか、上品(ピンク)

ピンクは女性が好きな色でもあり、女性らしい印象があります。
そのイメージからこの花言葉が付けられたのではないでしょうか。
女性の先輩や日々お世話になっている方に贈るのもいいですね♪

夢かなう、不可能(青)

青いバラを作ることは不可能と言われていました。
そんな中、青のバラの品種を生み出すことができたので
この花言葉がつけられたようです。
サントリーが世界で初めて青いバラの開発に成功して
その時のブルーローズに「夢かなう」とつけられました。

愛情の薄らぎ、嫉妬(黄色)

黄色のバラは日本では父の日に贈ることが多いようです。

女性に贈る時には注意が必要のようです。
別れを意味していると勘違いさせてしまうことがあるからです。
黄色のバラが好きな女性に贈るようにしましょう。

まとめ

赤い薔薇はよく見ますが、他の薔薇は見かけることが少ないですよね!
薔薇は新しい品種が生まれた時に花言葉がつけられていたようです。
それぞれの薔薇に意味が込められているので贈る際には注意しましょう。
しかし、自分の気持ちをより強く伝えてくれるなどのサポートもしてくれるので
味方につけちゃいましょう。

スポンサード広告



Posted by mori