ハイビスカスの花言葉

image_96.png

☆ハイビスカスとは?

ハイビスカスはハワイでよく見る南国を代表する花です。
ハイビスカスは赤が有名ですが、ピンク、オレンジなど他の色も豊富です。
鮮やかで明るい印象を与えてくれるものが多いです。
ハーブティーとして使われることもあります。

開花時期 5月~9月

・繊細な美
・新しい恋
・常に新しい美(赤)
・勇敢(赤)
・艶美(白)

 

スポンサード広告



ハイビスカスの花言葉についての解説・説明

 

繊細な美

ハイビスカスには「チャイナローズ」という別名があります。
バラのように美しい姿からこの花言葉がつけられたのではないでしょうか。
また暑さに弱く、寿命が一日なのですごく繊細な花ですよね。

新しい恋

これはハイビスカスの花が一日しか咲かないのに、
次々と新しい花を咲かせ続けることからつけられたと言われています。

常に新しい美(赤)

これも「新しい恋」という花言葉と同様に花が一日しか咲かず、
新しい花を咲かせ続けることが由来のようです。

勇敢(赤)

赤は強く情熱的な花ですよね。
そのような見た目からこの花言葉がつけられたのではないでしょうか。

艶美(白)

白いハイビスカスは、生き生きとした純白の花の艶やかさからつけられたのでしょう。

まとめ

ハイビスカスの花言葉は見た目や特徴からつけられているようです。
ハイビスカスの花は摘んでからの花持ちがいいことから髪飾りなどで使われます。
花が一日しか咲かないことからプレゼントにはあまり向かないかもしれませんが、
髪につけてハイビスカスの短い美しさを楽しむのもいいのではないでしょうか。

スポンサード広告



Posted by mori