菜の花の花言葉

☆菜の花とは?

菜の花は黄色が鮮やかでアブラナ科の花です。
空き地や河川敷などで見られることが多いです。
花びらは4枚ついていて十字の形をしています。
青森の横浜町には日本一の菜の花畑があり、
その大きさは東京ドームが32個入るほどです。

開花時期 2~5月

・快活な愛
・明るさ
・豊かさ、財産
・競争
・小さな幸せ

スポンサード広告



菜の花に関する花言葉の説明・解説

 

快活な愛

快活と聞くと活発なイメージがありますよね。
菜の花の鮮やかな黄色にもぴったりの花言葉です。
菜の花を見ると春が来たという感じがして
元気になれますよね。
家族愛や恋愛など様々な形の愛がありますが、
相手に感謝の気持ちを込めてプレゼントすると
喜んでもらえるでしょう。

明るさ

菜の花は茎や葉の緑と黄色い花で明るさがありますよね。
その見た目からこの花言葉がつけられたと言われています。
人々の心を明るくするような美しさがあります。

豊かさ、財産

菜の花の黄色からお金を連想して、そこから来た言葉なのではないでしょうか。
菜の花畑で黄色い菜の花が集まっている姿からつけられたのかもしれません。
豊かなことは心も満たされていいことですよね!
プラスなイメージの花言葉です♪

競争

菜の花から競争という言葉はなかなか思いつかないですよね。
でもこれは、多くの菜の花が空に向かって競争をしているように
咲いていることからつけられたようです。
それぞれが元気に咲き誇っていて共に成長していこうという意味を込めて
プレゼントしてみてはいかがでしょうか。

小さな幸せ

日常で小さな幸せを見つけるととても嬉しいですよね。
菜の花にはそんな花言葉がつけられているんです。
幸せな気分を与えたいという方に小さな幸せを感じるプレゼントとともにあげると
喜んでもらえるのではないでしょうか。
小さな幸せがあるだけで、楽しく生活できます♪
菜の花で小さな幸せを広げていけるといいですね!

まとめ

菜の花はポジティブでプラスなイメージの花言葉が多いようです。
春先に咲く鮮やか花で、心を明るくしてくれますよね♪
青空に向かって咲いている姿は見ているだけで元気になれます。
その見た目からこのような花言葉がつけられているんですね!

スポンサード広告



Posted by mori