カーネーションの花言葉

☆カーネーションとは?

カーネーションの花は強く、切り花としても最適です。
カーネーションの花はよく母の日などに贈られます。
花びらが波打っているので、
ゴージャス感がありプレゼントとしても喜ばれます。
花は八重咲きや千重咲きなどの様々な咲き方があり、色も種類が豊富です。

開花時期 4月~7月 9月~11月

・母への愛(赤のカーネーション)
・純潔の愛、尊敬(白のカーネーション)
・軽蔑、嫉妬(黄色のカーネーション)
・永遠の幸福(青のカーネーション)
・純粋な愛(オレンジのカーネーション)

スポンサード広告



カーネーションの花言葉についての解説・説明

母への愛

カーネーションは母の日などに使われることが多いですよね。
特に赤いカーネーションは母親への愛情を示すことができるので、
母の日の贈り物にはぴったりです。

純潔の愛、尊敬

白いカーネーションは純潔の愛という花言葉なのですが、
亡くなったお母さんに捧げる花として使われていたことがあるようです。
しかし、「尊敬しています」という意味を込めて、
メッセージ付きで渡すのもいいのではないでしょうか。

軽蔑、嫉妬

黄色のカーネーションはネガティブなイメージの花言葉です。
贈り物として向いているわけではないのですが、花言葉などを気にせず、
黄色が好きだという方へのプレゼントにはいいかもしれません。

永遠の幸福

青いカーネーションは自然のものではなくて、遺伝子組み換えなどによって
作られたものです。
白いカーネーションに青くつけたものもあるようです。
幸せを願うという気持ちを込めて贈るのもおすすめです。

純粋な愛

愛に溢れた花言葉が多く、母親よりも恋人に贈るのにいいようです。
オレンジのカーネーションは太陽のように明るい見た目で
もらった人も晴れやかな気分になります。

まとめ

カーネーションも色によって花言葉が変わってくるようです。
カーネーションを贈る時は色に注意して選ぶようにしましょう。
気持ちを込めて贈るには適した花なので、
相手のことを思って選んでみましょう。

スポンサード広告



Posted by mori